site:


front1.jpg


  • ナノサイエンス専攻 ナノバイオロジーコース
     分子生命科学の本質は遺伝子情報にあり、この設計図から生物の個体が形作られ、その機能の恒常性が維持されます。 このためには精密な遺伝情報の発現制御と、個体を取り巻く環境の変化情報を察知し生物システムを変化させて行く機構が必須となります。 ナノバイオロジーコースは、これらの機能について、細胞を構成するタンパク質や核酸等の生体構成高分子レベル、細胞レベル、多細胞集合体である動物や植物レベルの各次元での生物機能の発現制御について総合的に学ぶコースです。また、ナノ物性コースと密接に連携することで、新しいナノ計測法等を修得することができるコースとなっています。




3697