新ポスドク

4月から玉川克典さんがポスドクとして研究室に加わりました。RNAを使った実験&解析、バイオインフォマティックスなどを得意としている方で、カワニナの集団トランスクリプトミクスの解析等を一緒に進めていく予定です。

トンボの色彩多型の遺伝子

アオモンイトトンボでは、雌に体色の2型が現れます。この2型の維持機構やその生態的機能について、ずっと調べてきましたが、そもそもどんな遺伝子により2型が決まっているかはまったくわかっていませんでした。もちろん、近縁種を含め、だれも知りませんでした。今回、RNA-seqを用いた解析により、doublesex遺伝子(昆虫おいて形態の性差を決定に関与することが知られている)のアイソフォームの発現パターンの違いによってアオモンイトトンボの色彩の2型が決定することわかりました。今後は、本当の責任遺伝子(つまり、各アイソフォームの発現パターンを決定する遺伝子)の探索を続けていきます。本研究は、東北大のD1の高橋迪彦さんが中心になって行なったものです。

論文のリンクはこちら

 

「伝わるデザイン」リニューアル

このウェブページを立ち上げてから早8年。
「伝わるデザイン」のウェブページを引っ越し&リニューアルしました!

新しいURLは
http://tsutawarudesign.com

旧ページもしばらくアクセスできるようにしておきますが、近いうちに完全移行します。

新しいページでは、内容を大幅に刷新し、構成もかなり変えています。IllustratorやPhotoshopに関連するテクニックの紹介や、バリアフリー化に関する新しい項目も数多く加えました。スマホやタブレットへの対応や、Retinaディスプレイへの対応をしました。

また、同時に、はじめて研究発表をする高校生を主な対象に、発表資料のデザインを解説したページも立ち上げました。URLは
https://student.tsutawarudesign.com

どちらもよろしくお願い致します。

 

ポスドク募集中(生態学・進化学)

一緒にいい研究を進めていくポスドク研究員を募集します。業務は、生態学・集団遺伝学・バイオインフォマティックスなどに関連した実験や解析です。

詳しくは、
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D118020115&ln_jor=0&top_btn=1

締め切り:2018年03月07日

高橋佑磨

多様性や個性の生態的機能に関する論文が出ました

多様性の機能といえば、種の多様性と生態系機能にとの関係を調べる研究が有名です。ただし、少しスケールを落とすと、種内にも多様性が存在することに気づきます。この種内の多様性の機能についてはあまり調べられてきまんせんでした。今回、ショウジョウバエを使った実験によって、種内の多様性が、どのような条件でどのような機能をもつのかを明らかにしました。

詳しくはこちら

論文はこちら

無料のUDフォント/MORISAWA BIZ+

とうとう無料のUD(ユニバーサルデザイン)フォントが登場しました。高くて手が届きにくかったUDフォントがだれでも無料で使えます。

最も有名なフォントメーカーであるモリサワから出ています。ユーザー登録さえすれば、インストールでき、全てのアプリで使用可能になります。

基本的にはビジネス向けに作られているようで、WordやPowerPointで使いやすいように調整されているのも特徴です。

明朝体もあるので、レポートなどの書類などの長文も美しく書けるはずです。もちろん、ゴシック体を使えば、プレゼンスライドは見違えるように変わると思います。

これからの時代、文字や色のユニバーサルデザインの重要性は益々高まるはずです。この機会にぜひ、インストールし、使ってみるといいかもしれません。

なお、ゴシック体には2つのウェイトがあり、明朝体はミディムだけです。それぞれのフォントには等幅フォントとプロポーショナルフォント(フォント名にPがつく)があります。従属欧文の美しさを考えるとプロポーショナルフォントのほうが断然おすすめです。

詳細やダウンロードはこちらから。

 

伝わるデザインの基本の翻訳本 第2弾

伝わるデザインの基本の簡体版ができました。
タイトルは、超越平凡的版式设计:解密版式设计的四大法则。
人民邮电出版社から出版されます。
値段は日本円にして1100円くらいでしょうか。

繁体版第2版の翻訳ですが、この簡体版は第1版の翻訳版です。所属なども古いままです。