トンボの色彩多型の遺伝子

アオモンイトトンボでは、雌に体色の2型が現れます。この2型の維持機構やその生態的機能について、ずっと調べてきましたが、そもそもどんな遺伝子により2型が決まっているかはまったくわかっていませんでした。もちろん、近縁種を含め、だれも知りませんでした。今回、RNA-seqを用いた解析により、doublesex遺伝子(昆虫おいて形態の性差を決定に関与することが知られている)のアイソフォームの発現パターンの違いによってアオモンイトトンボの色彩の2型が決定することわかりました。今後は、本当の責任遺伝子(つまり、各アイソフォームの発現パターンを決定する遺伝子)の探索を続けていきます。本研究は、東北大のD1の高橋迪彦さんが中心になって行なったものです。

論文のリンクはこちら

 

コメントを残す